お問い合わせ

毎日使える
キャンピングカー

backpacker -バックパッカー- は、シンプルなレイアウトで日常から趣味、家族旅行など幅広いシーンで活躍します。

ひとりで、ふたりで、みんなで

前後スライド式の2列目シートと常設ベッドで構成されたリヤスペースは、大人4名がテーブルを囲める対面ダイネットになります。

※2列目シートに乗車して走行する際は、2列目シートを前向きにして下さい。

テーブルは用途に合わせて移動と取り外しが可能です。

オプションのFFヒーターを装着すると真冬でも車内で快適に過ごせます。

[用語:FFヒーター]車の燃料(ガソリンまたは軽油)を使用しエンジン停止中でも利用できる温風暖房器具。

車内にはキャンピングカーに最適な省エネのLED照明を3ヶ所に設置。十分な明るさと落ち着きのある暖色系を採用しています。

電源はキャンピング部用に100Ahサブバッテリー1つを標準装備し、電源メインスイッチは手の届きやすい位置に配しています。

オプションで液晶TVを設定。車内にエンターテイメント空間を提供します。

※TVを視聴するにはインバーターと放送受信機器が必要となります。
[用語:インバーター]サブバッテリーのDC12Vを家庭用電気機器が使用するAC100Vに変換する装置

積み込めて、積みやすい

リヤ常設ベッド下の収納スペースには、ベッドマットを持ち上げるだけで簡単にアクセスできます。

ベッド下収納スペースは1,450 × 750 × 250mmと450 × 400 × 250mmの2ヶ所で、スノーボードなどの長さのあるアイテムも積み込めます。

2列目シートは前後に約800mmスライドし中央を軸に座面と背面が折り畳める「REVOバタフライシート」。

最後部まで2列目シートをスライドさせると1,250 × 900mmの貨物スペースが作れます。

キャンプ用品やペット用ケージなどの大きなアイテムもスライドドア側から積み下ろしできます。

右リヤ側には上部収納キャビネットがあり、小物類の収納に便利です。

簡単操作で、広々ベッドスペース

ベッドは2列目シートを倒して、追加ベッドマットを乗せるだけの簡単操作。

車中泊時のプライバシー保護と断熱効果のある遮光カーテンをオプション設定。

リヤ常設ベッド(1,870 × 1,420mm)と2列目シートベッド(950 × 900mm)を合わせ、最大で2,820 × 1,420 / 900mmの広大なベッドスペースになります。

取り回し良好。しかも経済的

ベース車のトヨタ ハイエース ロングバンDXは、ミドルサイズミニバンとほぼ同じサイズで立体駐車場を含む多くの駐車場に収まります。

最小回転半径5mで小回りが利き、狭い場所でも走行しやすいため、日常の運転も心配ありません。さらに、自動車税が安い4ナンバー(小型貨物車登録)登録で経済的です。

主要諸元

価格

価格は2019年1月現在の税別表示です。

リサイクル料金(全車):¥9,840

標準装備

キャンパー部標準装備

ベース車標準装備

GLパッケージ内容

2019年1月現在の仕様です。本仕様ならびに装備は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

オプション

価格は2019年1月現在の税別表示です。

ベース車オプション

キャンパー部オプション

▲ キャンパー特設装備内容:スーパーGL用フロントシート、ニードルパンチ フロントフロアカーペット、スライド片開き右側リヤクオーターガラス、電動格納リモコンメッキアウターミラー、メッキドアアウトサイドハンドル
※1. 防塵処理、LLC50%(通常30%)、スライドドアロアスカッフ、フロントヒーター PTC(電熱器)、スターター1.6kW、スノーモード(AT 車のみ)
※2. 防塵処理、LLC50%、マニュアルアイドルアップ、フューエルヒーター、スライドドアロアスカッフ、フロントヒーター ホットガス+PTC(電熱器)、バッテリー(85D26R × 2)、スターター2.7kW
※3. 寒冷地仕様選択時のみ
※4. 4WDのみ。選択した場合、VSC&TRC・EBD 付ABS+緊急ブレーキシグナルレス仕様となります。
※5. 新車の新規生産時のみ
※6. 新車の新規生産時のみ(新幹線N700系グリーン車に採用されている制振材)
※7. 新車時施工価格

2019年1月現在の仕様です。本仕様ならびに装備は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。掲載している写真はオプション装着車。

TOP