古河電池 制御弁式据置鉛蓄電池 FCR50-12

高い信頼性と環境性能に優れた日本製バッテリー

RVランドがキャンピングカー用サブバッテリーとしておすすめする、古河電池「制御弁式据置鉛蓄電池FCR50-12」。

同社のバッテリーは日本国内で生産され、産業用車両のバッテリーや公共インフラのバックアップ電源など信頼性を求められる場面で採用されています。

また、完全リサイクル可能で環境にも配慮されたバッテリーです。

異なる3つの運用方法に対応するキャンピングカーに適したバッテリー

FCR50-12は、異なる3つの運用方法にマルチ対応するキャンピングカーに適した性能を持っています。

当社がFCR50-12をおすすめする理由の大きなポイントがここにあります。

「充放電を繰り返す(サイクルユース)」「非常時のバックアップ電源として常時待機する(スタンバイユース)」「待機しつつバックアップの頻度が高い(デュアルユース)」の運用方法に対応し、それぞれの運用で高い性能を発揮します。

元々産業用ですので、上記のような運用が想定されていますが、キャンピングカーのサブバッテリーも同じ様な条件で使用されています。

充電・放電を繰り返すケースに注目すると、リチウムイオンバッテリーと同等の充電サイクル数約4,000回で、ディープサイクルバッテリーとして長い寿命性能を発揮します。

充電サイクル数4,000回は、毎日1回の充電を行った場合でおよそ12年分の回数に相当します。

容量50Ah。20A放電テストで約2時間のパフォーマンス

FCR50−12のバッテリー容量は50Ahで、多くのキャンピングカー用サブバッテリーと比較すると少ないですが、当社で実施した20A放電テストでは約2時間の結果が出ています。

また、同様に他製品のテストも行い、A社100Ah(約1時間50分)、B社95Ah(約3時間)、C社100Ah(約2時間30分)、D社105Ah(約2時間40分)、E社リチウム100Ah(約4時間30分)となっています。

※20A放電テストの結果は当社の負荷テストによるものです。使用条件によって実際に使用できる時間は異なります。

徹底した製造管理体制

同社では「バッテリーは生鮮食品と同じ」という理念のもと、製造後3ヶ月以上経過したバッテリーは出荷していません。

日本国内の工場で生産されており、安定した商品供給も魅力です。

価格・仕様

販売価格 オープン価格

在庫あり

販売価格には消費税10%が含まれています。送料(地域によって異なる)、代引手数料(クレジットカード決済の場合は不要)が別途必要となります。

商品名
古河電池 制御弁式据置鉛蓄電池 FCR50-12
公称電圧
12V
定格容量
50Ah/10HR
外形寸法
幅:128mm×長さ:363mm×高さ:220mm
質量
約22.5kg